トップページ > ふるさと納税ワンストップ特例制度について

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

確定申告の必要がない給与所得者が、より簡単に税額控除を受けられるよう、平成27年4⽉1⽇(⽔)から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」がスタートしました。

特例制度を受けられる⽅は次のとおりです!

・確定申告の必要がない給与所得者等である
・平成27 年4 月1 ⽇以降の寄付である(※1)
・寄付先団体が5 団体以内である(※2)


※1…H27 年1 月1 日(木)〜H27 年3 月31 日(火)にふるさと納税を⾏った場合は、確定申告が必要です。
※2…同⼀団体に複数回⾏った場合は、1 団体としかカウントされません。

控除を受けるためには特例申請書の提出が必要です!


お申し込み時にふるさと納税ワンストップ特例制度の利⽤を希望された⽅(「寄附⾦税額控除に係る申告特例申請書を要望する」にチェックを⼊れた⽅)には、後日、甲州市より「寄附⾦税額控除に係る申告特例申請書」を送付します。
甲州市では返信用封筒を同封してお送りする予定ですので、必要事項に記入・捺印のうえ、申請書類を甲州市までご返送ください。(申し込みフォームから申請しただけではお⼿続きは完了しませんので、ご注意ください)

その他

・申請書は、寄付をされる度に提出が必要です。
・本特例が適⽤される場合は、所得税控除分相当額を含め、翌年度の住⺠税から控除されます。
・ワンストップ特例制度の利⽤の有無に関わらず、寄付⾦受領証明書は従来通り発⾏いたします。

◎寄附⾦税額控除に係る申告特例申請書は、現在、寄附受納証明書とは別にお送りする予定です。発送時期は平成27年6⽉以降より順次お送りいたします。